ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビュー ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビュー

1945年の8月6日を知る被爆者、伝承者などを
取材したインタビュー。
あなたの感じた「想い」を継いでください。

メインビジュアルメインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル

20188.2up

世界の人たちに、「放射線は、こんなにむごいものだ」と命のある限り訴えていきたいと思っています。

被爆者

兒玉 光雄

兒玉 光雄さん
インタビューを読む

20167.10up

私の活動は、亡くなった方々の魂の供養だと思っています。

広島大学 研究員

嘉陽礼文

嘉陽礼文さん
インタビューを読む

20196.21up

8月6日のお産をお手伝いするときには、これからお母さんになる人たちに「もしよければ一緒に黙とうしてくれる?」と、声をかけています。

被爆者

神戸 美和子

神戸 美和子さん
インタビューを読む

語り継ぐ-受け継ぐ

[Vol.3]HIROSHIMA SPEAKS OUT

HIROSHIMA SPEAKS OUTさん
20166.27up

英語に翻訳することで、一人でも多くの人に伝えたい。

[Vol.2]楢原 泰一

楢原 泰一さん
20166.26up

想いを共に共有し、発信する

[Vol.1]保田 麻友

保田 麻友さん
20166.25up

「考えさせる」平和学習を構築したい

[Vol.8]梶本 淑子

梶本 淑子さん
20166.23up

50人に証言をしたらその中の1人でいいんです。 自分がやりたい、伝えたいという気持ちになってほしいと思います。

[Vol.7]佐藤 良生

佐藤 良生さん
20166.20up

核兵器は私の経験のように、残酷な被害を生み出してしまうということを伝えたいです

[Vol.6]松本 正

松本 正さん
20166.16up

自分はずるい被爆者だと思い、語る資格はないとずっと思い続けてきました。

[Vol.5]西冨 房江

西冨 房江さん
20166.12up

真っ赤な、あんな綺麗な色をした丸いものを見たことは、後にも先にもありません

[Vol.4]企画者 祖母

企画者 祖母さん
20156.10up

「一回しかない命よ。」 どれだけ命を取るかということに費やすなんて、どこに夢があるの?

[Vol.3]河野昭人

河野昭人さん
20156.6up

心と身体の「ふれあい」があれば、争いは起きない。

[Vol.2]岡田 恵美子

岡田 恵美子さん
20156.5up

平和な時代に生まれて生きてきた人が、未来に向かって行動してくれることを願います。

[Vol.1]永田 政美

永田 政美さん
20156.1up

「書いておかないといけない」という想いがありました。