ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビュー ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビュー

1945年の8月6日を知る被爆者、伝承者などを
取材したインタビュー。
あなたの感じた「想い」を継いでください。

メインビジュアルメインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル
メインビジュアルメインビジュアル

20213.15up

被爆証言は沢山の方がされていますが、この目で見たことをお伝えすることが出来るのは、当時小学3年生だった私たちが最後の世代だと思います。

被爆者

和田 庸子

和田 庸子さん
インタビューを読む

20211.24up

ツアー参加者には、知識を一方的に伝えるのではなく、問いかけや対話の時間を大切にしています。

NPO法人PCV 教育事業統括ディレクター

山口 晴希

山口 晴希さん
インタビューを読む

202012.29up

原爆が落とされた当日に、マレーシア人が3人いたことを歴史として残すことは、意味があることだと思います

広島市立大学 准教授

ヌルハイザル・アザム

ヌルハイザル・アザムさん
インタビューを読む

語り継ぐ-受け継ぐ

[Vol.11]中西 巌

中西 巌さん
20177.20up

原爆を考えることは、人間を考えることだと私は思います。

[Vol.11]Sさん

Sさんさん
20176.25up

歴史はつながっていて、決して過去と今は切れているわけではありません。 つながっていることを理解して、次へつないでいくことが大切です。

[Vol.10]川本 省三

川本 省三さん
20176.21up

被爆はしなかったけれど、生きることが出来なかった子どもたちが、2000人近くいた。 本当の戦争の姿を知ってもらいたくて、語り部をしようと思いました。

[Vol.9]栗原 明子

栗原 明子さん
20176.13up

私は、留学生たちに心から感謝しています。本当に助けられてばかりでした。 彼らから慰められ、また、勇気を頂きました。

[Vol.10]西岡 幸子

西岡 幸子さん
20176.9up

被爆者の体験のコピーではなく、精神を理解して自分の言葉で次世代に生き続けるように伝えていく

[Vol.9]さすらいのカナブン

さすらいのカナブンさん
20175.4up

怖いからと「知ること」をやめないでください。
どうか周りにも、かつてあった戦争を伝えてください。

[Vol.8]藤澤 千夏

藤澤 千夏さん
20167.20up

戦争を体験していない私が今の若い人たちと同じ目線で話せる。そういうところに意味があるのかなと思います。

[Vol.7]石綿 浩一

石綿 浩一さん
20167.15up

自分の足で動いて自分の目で見ないと駄目。「行動が未来を変える」と思います。

[Vol.6]嘉陽礼文

嘉陽礼文さん
20167.10up

私の活動は、亡くなった方々の魂の供養だと思っています。

[Vol.5]福岡 奈織

福岡 奈織さん
20167.5up

“継承する”とはどういう意味を持つのか、若者の視点から模索したい

[Vol.4]平野 由美恵

平野 由美恵さん
20167.1up

広島に住んでいるものとして核廃絶という 私なりの想いを地道に訴えていければ

[Vol.3]HIROSHIMA SPEAKS OUT

HIROSHIMA SPEAKS OUTさん
20166.27up

英語に翻訳することで、一人でも多くの人に伝えたい。