#語り継ぐきっかけ

1945年の8月6日を知る被爆者、伝承者などを取材したインタビュー。

Vol.16

神戸 美和子さん
20196.21up

8月6日のお産をお手伝いするときには、これからお母さんになる人たちに「もしよければ一緒に黙とうしてくれる?」と、声をかけています。

被爆者

神戸 美和子

Vol.15

李 鐘根(イ・ジョングン)さん
20196.8up

人を大事に、自分も大事に、物も大事にしよう。思いやりがあれば差別は生まれない。君達の隣にいる友達は宝だよ。

被爆者

李 鐘根(イ・ジョングン)

Vol.12

木村 緋紗子さん
20184.23up

広島、長崎に行ってみることです。現地に行かないとわからないことを自分で感じてください。
そして、多くの被爆者の声をよく聞いて、自分で何ができるかを考えてください。

被爆者

木村 緋紗子

Vol.11

中西 巌さん
20177.20up

原爆を考えることは、人間を考えることだと私は思います。

被爆者

中西 巌

Vol.10

川本 省三さん
20176.21up

被爆はしなかったけれど、生きることが出来なかった子どもたちが、2000人近くいた。 本当の戦争の姿を知ってもらいたくて、語り部をしようと思いました。

被爆者

川本 省三

Vol.8

梶本 淑子さん
20166.23up

50人に証言をしたらその中の1人でいいんです。 自分がやりたい、伝えたいという気持ちになってほしいと思います。

被爆者

梶本 淑子

Vol.6

松本 正さん
20166.16up

自分はずるい被爆者だと思い、語る資格はないとずっと思い続けてきました。

被爆者

松本 正

Vol.5

西冨 房江さん
20166.12up

真っ赤な、あんな綺麗な色をした丸いものを見たことは、後にも先にもありません

被爆者

西冨 房江

Vol.2

岡田 恵美子さん
20156.5up

平和な時代に生まれて生きてきた人が、未来に向かって行動してくれることを願います。

被爆者

岡田 恵美子

Vol.1

永田 政美さん
20156.1up

「書いておかないといけない」という想いがありました。

被爆者

永田 政美