#次の世代へ

1945年の8月6日を知る被爆者、伝承者などを取材したインタビュー。

Vol.18

中川 敬子さん
20226.29up

母が「敬子ちゃん、死ぬのは怖くないからね。死ぬのは怖くないのよ。」と言った時「ああ、あの飛行機から爆弾が落ちてきて死ぬんだな。」と思いました。

被爆者

中川 敬子

Vol.17

和田 庸子さん
20213.15up

被爆証言は沢山の方がされていますが、この目で見たことをお伝えすることが出来るのは、当時小学3年生だった私たちが最後の世代だと思います。

被爆者

和田 庸子

Vol.17

山口 晴希さん
20211.24up

ツアー参加者には、知識を一方的に伝えるのではなく、問いかけや対話の時間を大切にしています。

NPO法人PCV 教育事業統括ディレクター

山口 晴希

Vol.16

ヌルハイザル・アザムさん
202012.29up

原爆が落とされた当日に、マレーシア人が3人いたことを歴史として残すことは、意味があることだと思います

広島市立大学 准教授

ヌルハイザル・アザム

Vol.16

神戸 美和子さん
20196.21up

8月6日のお産をお手伝いするときには、これからお母さんになる人たちに「もしよければ一緒に黙とうしてくれる?」と、声をかけています。

被爆者

神戸 美和子

Vol.15

李 鐘根(イ・ジョングン)さん
20196.8up

人を大事に、自分も大事に、物も大事にしよう。思いやりがあれば差別は生まれない。君達の隣にいる友達は宝だよ。

被爆者

李 鐘根(イ・ジョングン)

Vol.15

今田 絵美さん
20195.22up

「これなら私も平和活動に携われるかも。」というようなきっかけをつくる人に、今自分が教えている子どもたちにもなってほしいと思います。

広島市 小学校教員

今田 絵美

Vol.14

兒玉 光雄さん
20188.2up

世界の人たちに、「放射線は、こんなにむごいものだ」と命のある限り訴えていきたいと思っています。

被爆者

兒玉 光雄

Vol.13

森 匡世さん
20186.7up

大前提として、語る人も、聞く人も、それぞれの問題意識を持った上で「対話」を行うことがこれからは必要だと思います。

被爆者

森 匡世

Vol.14

山岡 美知子さん
20185.17up

継承とは、次の世代に被爆の実相を冷静に、正確に伝えていくことではないでしょうか。

被爆体験伝承者1期生

山岡 美知子

Vol.10

川本 省三さん
20176.21up

被爆はしなかったけれど、生きることが出来なかった子どもたちが、2000人近くいた。 本当の戦争の姿を知ってもらいたくて、語り部をしようと思いました。

被爆者

川本 省三

Vol.4

平野 由美恵さん
20167.1up

広島に住んでいるものとして核廃絶という 私なりの想いを地道に訴えていければ

被爆体験伝承者

平野 由美恵